紫外線カットが一番の美白につながる

紫外線が強い季節になりました。紫外線を浴びたら、活性酸素が増えてシワやたるみは進行するし、シミは増えるはで百害あって一利なしです。

化粧品業界も美白スキンケアの販売に力を入れていますが、結局のところ、メラニンができる原因は紫外線を浴びることなので、浴びてからシミをできにくくする、いわゆる予防のための美白スキンケアを時間をかけて頑張るよりも、焼けない工夫をする方が経済的にも効率的にも良いと思います。

なので、外出する時は帽子をかぶったり、長袖のシャツを羽織ったり、首にスカーフを巻いたりしています。Tシャツとかタンクトップ、ショートパンツにサンダルという肌を見せるファッションが、本当は好きなのですが、極力ガマンをし、肌見せファッションの時は、日焼け止めをこまめに塗り直しています。
もちろんSPF50、PAの+は多いものを選んでいます。

物理的な予防をしていると、プチプラの美白化粧水でたっぷり保湿をして、乳液だけのシンプルケアでも意外と焼けないものです。何よりも秋頃に肌がボロボロに荒れません。
紫外線対策を怠ると、その時は良くても、秋から冬にかけて、いきなり肌荒れになったり、シミが一気に出てきたりと、後から来るので要注意です。