紫外線カットが一番の美白につながる

紫外線が強い季節になりました。紫外線を浴びたら、活性酸素が増えてシワやたるみは進行するし、シミは増えるはで百害あって一利なしです。

化粧品業界も美白スキンケアの販売に力を入れていますが、結局のところ、メラニンができる原因は紫外線を浴びることなので、浴びてからシミをできにくくする、いわゆる予防のための美白スキンケアを時間をかけて頑張るよりも、焼けない工夫をする方が経済的にも効率的にも良いと思います。

なので、外出する時は帽子をかぶったり、長袖のシャツを羽織ったり、首にスカーフを巻いたりしています。Tシャツとかタンクトップ、ショートパンツにサンダルという肌を見せるファッションが、本当は好きなのですが、極力ガマンをし、肌見せファッションの時は、日焼け止めをこまめに塗り直しています。
もちろんSPF50、PAの+は多いものを選んでいます。

物理的な予防をしていると、プチプラの美白化粧水でたっぷり保湿をして、乳液だけのシンプルケアでも意外と焼けないものです。何よりも秋頃に肌がボロボロに荒れません。
紫外線対策を怠ると、その時は良くても、秋から冬にかけて、いきなり肌荒れになったり、シミが一気に出てきたりと、後から来るので要注意です。

サボンのボディスクラブを使っています

友人から勧められて、週に2回、サボンのボディスクラブでお風呂でマッサージをしています。サボンのボディスクラブはどれもとても良い香りで、美容効果だけではなく、香りのリラックス効果が高いと思います。

お風呂に付属のスプーン2杯分のボディスクラブを持って入り、お風呂でよく温まった後、全身にスクラブを付けてマッサージをします。スクラブには死海の塩が入っているのですが、ザラザラとした塩で角質がきれいになり、オイルで全身がスベスベになります。特に足はむくみやすいので、下から上へと頑張ってマッサージしています。

お風呂から上がって、自分の肌を触ってみると、しっとりもっちりとしていて、今までの肌とは全然違うことが実感できると思います。このうるおったお肌を維持するために、すぐに保湿をします。お風呂から上がった後も、ボディスクラブのいい香りが続いていて、寝るまで良い気分でいられること間違いなしです。

一度で効果が実感できるので、ぜひ試してみていただきたいです。

沖縄旅行を断った本当の理由

つい最近の事ですが、知り合いに誘われたのです。そのお誘いが「沖縄へ行こう?」というお誘いだったのです。

お友だちは旅行好きで、いつも私に旅行の話を持ち掛けてくれていて沖縄に誘われた時も正直気持ちが動きました。でもわたしは辞めたのです。
どうしてかというと「資金がない」ということです。だけど沖縄に旅行に行けるくらいの蓄えはありました。実際には金欠ではありません。

沖縄といえばやっぱり泳ぐのって当たり前じゃないですか?沖縄旅行というのは私にはムリだと思いました。泳ぐ事が出来ないという事じゃなく、私はムダ毛を理由に、旅行を仕方なく断りました。海に行くとなると結局のところ水着を着る事になりますよね。それが私にはできません。

わきがむだ毛を処理したせいで黒ずんでしまっていますし、しかもVラインのムダ毛がどうにもならないのです。水着からはみ出したりしたら最低ですよね。私は水着を着ることが出来ないので沖縄へ行かなかったのです。

この事でとっても悩み、水着を着る事が出来るいいアイデアがないかと探しているのです。近いうちに無駄毛に対するコンプレックスを克服して沖縄旅行にジャンジャン行きたいです。

ムダ毛のお手入れの方法はいろいろある

ムダ毛のお手入れの方法は、いろいろあるといえます。更に、多くの新商品も発売されています。個人に合った方法を選択することで、キレイにムダ毛のお手入れができるようになるでしょう。

よく使われる方法として、女性用剃刀があります。それも、電気シェーバーを選えらぶことで、無難にむだ毛処理をすることが可能になります。そして、満足のいく結果も見込めるでしょう。

それと、家庭用レーザー脱毛器についても、以前と比べるとレベルアップしています。そういったものについても、個人の納得できるものを選ぶことで、ムダ毛処理の手間もかからなくなるでしょう。

昔からある除毛剤とかを使っている人達も多いみたいです。剃刀を使うとお肌が傷付きそうだから不安だという人は、こういったものを選ぶといいかもしれません。

自分でムダ毛のお手入れをおこなう際には、時間やコストなど、必要最低限のことを考慮してみて、自分自身に合った方法を選び出すのがいいでしょう。
お肌にかかる負担も踏まえてリスクのない確かな方法を選択することも大事です。
そして、持続できるかどうかも肝心なことだと思います。

洗濯洗剤にこだわるようにしています

私はお肌の為に、よく売っている市販の界面活性剤が主成分の洗濯洗剤は使わないようにしています。
それは何故かというと、界面活性剤というのは石油で作られている化学物質なので、界面活性剤が含まれている洗濯洗剤を使って洗った洋服や下着を身につけていると、お肌に悪いと思いますし化学香料のにおいで健康にも害が及ぶと思うからです。
なので私はよくスーパーマーケットやドラッグストアで売っている市販の界面活性剤が主成分の洗濯洗剤は買わないですし、家にあっても使わないようにしています。

自然派の石鹸の成分を主成分としている洗濯洗剤も売っていますし、普通の固形石鹸や液体石鹸で洋服や下着を洗っても大丈夫なので、私はいつもそのようにしています。
以前、私は健康サイトで界面活性剤は体やお肌に良くない成分だということを知り、その時から界面活性剤が含まれている洗濯洗剤などの商品は使わないようにしています。
やはり自然の石鹸から出来ているものを使用して洋服や下着を洗ったほうが、お肌には良いと思います。

洋服や下着の素材に気を付けています

私はお肌の為に、自分が着る洋服や下着の素材に気を付けています。今お店で売っている洋服や下着は、ポリエステルやナイロンやアクリルやレーヨンやモダールなどの化学繊維で出来ている商品が多いです。
こういった化学繊維で出来ている洋服や下着のほうが、綿やシルクなどの天然繊維で出来ているものよりも値段が安いので、ついつい化学繊維で出来ている商品に手が伸びてしまいますが、お肌の為には綿やシルクなどの天然繊維で出来ている洋服や下着のほうがずっと良いので私は少し値段が高くてもそちらの商品を選んで購入するようにしています。

何故化学繊維で出来ている洋服や下着が肌に良くないのかというと、汗の吸収率が悪いですしお肌に化学繊維が当たると体内のカルシウムが減ってしまうのです。
なので私は洋服や下着を購入する時は、汗の吸収率が良くてお肌にも優しい綿やシルクで出来ている商品を選んで購入するようにしています。その方が環境にも良いと思うのです。

爪はマニュキアを付けずに素爪で居るようにしています

私は、爪にマニュキアを付けずにいつも素爪で居るようにしています。本当は長い爪にマニュキアを付けた、お洒落でセクシーな爪が好みで好きなのですが、爪を長く伸ばしていると顔や体を洗う時に長い爪が顔に当たって、顔や体を傷つけてしまうことがありますし、人と手を触れあう時にも人に痛い思いをさせてしまうかなと思い、爪は長くせずに適度な長さに切るようにしています。

そしてマニュキアを爪に付けると、爪に圧迫感を感じるのであまり好きでは無いということや、マニュキアは化学物質で出来ているので体にも良くないので付けないようにしています。マニュキアのニオイも体に悪いかなと思います。爪にマニュキアをしなくても、清潔感のある女性らしい爪を保つことが出来ます。

私が日頃行っている爪のお手入れは、爪の長さを爪やすりで整えることと、爪をお湯に付けてオレンジウッドスティックを使って甘皮処理をすることと、爪の表面を爪やすりや爪磨きを使って整えることの3点です。
この3点を日頃から行っていれば、綺麗な素爪を保つことが出来ます。

洗顔をする際にはベビーオイルが役立ちます

洗顔をする前は、温めたタオルなどを肌の上に置いて毛穴を開き、それから化粧をすると毛穴の汚れがよく落ちると言う事は有名です。でも、そんなタオルを用意する暇がない、面倒臭いと思う人もいるかもしれません。

そんな時には、お風呂に入っている間に首筋にシャワーを当てることで代用できます。
例えば、洗顔料を洗顔ネットで泡立てる時、その間だけでも良いので、首筋に温かいシャワーを当てることで顔の毛穴を開かせることができます。
そして洗顔料を泡立てる際、そこにベビーオイルを1、2滴たらして泡立てることで、泡がさらにきめ細かくなり、肌のつっぱり感をなくすことができます。

また、洗顔をする際は、泡が顔に乗っている時間が長すぎないようにしなければいけません。洗顔料と言っても洗剤ですから、肌の上に長時間乗せていればもちろん肌に悪影響を与えます。せいぜい時間は、せいぜい30秒以内にしなければいけません。

泡パックと言う言葉がありますが、これはオススメできません。

また、もしもニキビ跡が気になる場合は、寝る前に、ニキビ跡にベビーオイルを塗りましょう。即効性はありませんが、1週間ほどたつとニキビ跡がなくなっていきます。

私がいつも使っている美容グッズ

私がいつも使っている美容グッズを紹介します。

まず一つ目は、シェーバーです。
シェーバーや顔のうぶ毛や眉毛の形を整える時に使っています。シェーバーはカミソリよりも肌当たりが柔らかいので、肌を傷付ける事無く顔のうぶ毛を処理することが出来ます。

そして二つ目は、ピアフロスです。
ピアフロスは耳に開けたピアスの穴の掃除をする時に使うものです。ピアフロスを使うと、ピアスの穴に溜まった汚れを綺麗に落とすことが出来ます。

そして三つ目は、爪やすりです。
爪やすりはステンレス製のものを使っています。以前はガラス製のものを使っていましたが、床に落とした時に割れてしまったので、ステンレス製のほうが良いかなと思いステンレス製の爪磨きを愛用しています。

そして四つ目は、爪の表面を整える為のつめやすりです。
この爪やすりを使うと、爪の凸凹が無くなり綺麗に整えることが出来ます。

そして五つ目は、爪の甘皮処理に使う為のオレンジウッドスティックです。

それから六つ目は、ミニはさみです。
ミニはさみは、鼻毛をカットする時に使っています。

それから七つ目は、木の櫛です。
木の櫛はプラスチック製の櫛よりも使い心地が良いですし、髪に静電気が起らないので良いです。

私は普段こういった美容グッズを使って色々なお手入れをしています。

寝具やタオルなどは全て綿素材のものを使っています

私はお肌の為に、敷布団カバーやシーツや枕カバーなどの寝具やタオルなどは全て綿素材のものを使っています。
どうして綿素材の寝具やタオルが良いのかというと、綿は天然素材なので安心して使うことが出来ますし、水分の吸収率も良いので汗をよく吸ってくれます。ポリエステルやナイロンやアクリルなどの化学繊維で出来ている寝具やタオルは、水分の吸収率が悪いので汗の吸い取りが悪いです。

そしてこういった化学繊維の寝具やタオルを使っていると、肌と化学繊維が摩擦して静電気が起り、体の中のカルシウムが減ってしまうので体に良くないのです。
なので私は、敷布団カバーやシーツや枕カバーなどの寝具やフェイスタオルやバスタオルなどのタオルは、全て綿素材のものを使うようにしています。

化学繊維の寝具やタオルを使っていると、肌荒れの原因にもなるような気がします。やはり天然素材の綿で出来ているものが1番良いのでは無いかなと思います。
高級ですがシルクも肌に良いので、顔が当たる枕カバーなどはシルクの素材のものを使用すると良いと思います。

食事を気を付けることが1番

私が食べないように心がけている食べ物は、精製されている小麦粉で作られているパンやそうめんやうどんや白米などの炭水化物、そして白砂糖や水飴やブドウ糖果糖液糖などの糖分が含まれているお菓子や市販のお総菜やお弁当や調味料や加工食です。

牛乳やチーズやバターや生クリームなどの乳製品が入っているお菓子や加工食品も気を付けていますし、脂肪分の多い牛肉や鶏モモ肉や豚肉やラム肉などの肉類やプリン体の多い魚介類なども食べないようにしています。

やはり炭水化物や糖類を多く食べてしまうと太ってしまいますし、動物性の脂肪分を多く取ってしまうと吹き出物の原因となってしまいます。糖分は勿論気を付けなければなりませんが、塩分が高い食べ物も気を付けたほうが良いです。
塩分が多く入っている食べ物を食べると、体がむくんで脚や腕が太くなりますし顔をむくんでしまうので見た目が悪くなってしまいます。やはり美容の為には、食事を気を付けることが1番だと思います。